電気脱毛の一種、ニードル脱毛

毛穴に針を刺して、その針に電気を流して毛根の組織を破壊してムダ毛を生えてこないようにするのが、電気脱毛法です。

 

電気脱毛には絶縁針脱毛とニードル脱毛という2種類がありますが、ニードル脱毛には絶縁針のようにコーティング加工がされていないチタン製やゴールド製の針が使われます。

 

絶縁針とニードルの違いは他にも、コーティングされていないニードルでは皮膚の炎症や色素沈着が起こる可能性があるという点です。ただし、絶縁針のようにコーティングされていないぶん、毛穴に刺す針がより細いもので済むため、針を刺す痛みに耐えられないという人にはニードルのほうが向いているかもしれません。

 

いずれにしても、電気脱毛にはかなり激しい痛みが伴うといわれています。

 

個人差があるとはいえ、我慢強い人でも痛かったというほどです。にもかかわらずニードル脱毛を選ぶ人がいる理由は、施術直後に脱毛効果が現れるという点にあります。

 

また、一度脱毛すると、ほとんど永久にムダ毛が再生しないというのも大きな特徴です。