脱毛エステでの電気脱毛と医療機関での電気脱毛

毛穴の一つ一つに細い針を刺して、その針に電流や高周波を流す脱毛方法が電気脱毛です。

 

想像するだけで痛そうなイメージが思い浮かびますが、実際に強い痛みを伴う脱毛方法だといわれています。

 

しかし、電気脱毛は一度脱毛すると二度と毛が生えてこないという永久的な脱毛効果が高いこと、光脱毛やレーザー脱毛より早く脱毛効果が現れることから、未だ支持されている脱毛方法でもあります。皮膚の色が黒くなっているときにも有効な脱毛法であるという点も、見逃せませんね。

 

医師ではないスタッフが毛穴に針を刺す脱毛エステでの電気脱毛など許されるのだろうか、と思う人もいるかもしれません。

 

脱毛エステで採用されている電気脱毛はニードル脱毛といわれ、流される電流が弱いのです。一方、医療機関で行われる絶縁針脱毛は針にコーティングがされているぶん高い電流を流すことができます。そのため、より高い脱毛効果を得られるというメリットがあります。

 

いずれにしても、痛みに耐えてでも高い効果を得たいという人に選ばれているのが電気脱毛法です。